彼女たちの犯罪ネタバレ最終回!原作結末は石井杏奈が黒幕?

【PR】当ページのリンクには広告が含まれています。
彼女たちの犯罪最終回ネタバレ!原作結末は石井杏奈が黒幕?

2023年7月より放送開始する新ドラマ「彼女たちの犯罪」のネタバレ最終回!原作結末は石井杏奈が黒幕?をテーマにお届けします。

「彼女たちの犯罪」は、どこにでもいるごく普通の幸せを求めて生きている女たちが、1人の女性の失踪事件をきっかけに犯罪に巻き込まれていくサスペンスストーリーです。

9月21日(木)は、いよいよ最終回10話が放送されます。

・失踪した女性はだれ?
・女性を殺害した真犯人は?
・由香里、繭美、理子3人の共通点は?

原作は小説なので、すでにオチは出ています。

そこで、今回は「彼女たちの犯罪最終回ネタバレ!原作結末は石井杏奈が黒幕?」と題してお届けしたいと思います。

ネタバレを含みますので、結末が気になる方のみお読みください。

「彼女たちの犯罪」キャスト相関図はこちら>>

ところで、原作が小説と知って、

  • 原作小説を読んでみたくなった。
  • ドラマではよく分からなかったところを詳しく知りたい。
  • 作者(横関大先生)の他のサスペンスシリーズを読んでみたい。

と思いませんでしたか?

私も、彼女たちの謎をより細かく知りたいと思って、小説を買いたくなったんですよね。

でも、近くの本屋に行ったら、単行本は1,650円と結構な値段…。

もっと安く読めないか探していたところ、なんと90%OFFクーポン配布中のサイトをみつけました。

それはDMMブックスです!

彼女たちの犯罪定価1,650円
DMMブックス867円
→85円(90%OFF)

なんと、1,650円がまさかの85円100円以下で読むことができました。

ドラマを見ただけでは分からなかった最大の謎事件の時系列など、小説でしか分からないことが書かれているので、

ドラマにハマってしまった方は、絶対読んだほうがいいですよ!

とくに、小説の中盤からは一気に視点が変わり、別々のものが繋がっていく感覚はとても爽快でした!

しかも、初回購入者は2000円分まで割引してくれるので、

作者の有名作品でドラマ化された「ルパンの娘」もお得に読むことができました。

ただし、この90%OFFクーポンはいつ終了するのか分からないので、100円以下で買えるのは今がチャンスです。

ドラマより楽しむなら絶対小説!ぜひ読んでみてくださいね。

\ ドラマより面白い原作小説!/

DMMブックス

※クリックできない場合はクーポン終了しています

目次

彼女たちの犯罪ネタバレ最終回!原作結末の犯人は?

あらすじ

神野由香里は、世田谷区に住む裕福な医者の妻だった。

誰もがうらやむ高級住宅街に住む由香里は、結婚して8年たっても子供ができず、義母からのプレッシャーに悩んでいた。

日村繭美は、一流企業の広報を務める34歳。適齢期を過ぎて出会い系で結婚相手を探す日々。

そんななか、学生の頃後輩をレイプした男が、医者になって現われた。その男の名は、神野智明。

医者という有望株と後輩の屈辱を天秤にかけながら、やがて神野智明に惹かれていく繭美。

そして、繭美と由香里に近づく「もう一人の女」が現われた。

それは刑事の理子だった。2人に近づいた理由は―?

そんな中、悲しい出来事が起こってしまう。

由香里が、伊豆の海から遺体として発見される。一体由香里に何があったのか。自殺?他殺?

ラストのラストまでドンデン返しに次ぐドンデン返し。

由香里・繭美・理子の「普通の幸せ」を求めた女たちの企みとは、嘘とは、罠とは。3人に共通するものとはー?

彼女たちの犯罪ネタバレ:犯罪の首謀者は熊沢理子?

「由香里の失踪事件」を計画したのは熊沢理子だった。

「彼女たちの犯罪」には3人の女が出てきます。

  • 神野由香里(役者:前田敦子)…専業主婦で神野智明の妻。夫とのセックスレスに悩む。
  • 日村繭美(役者:深川麻衣)…アパレル広報会社員で独身。美人でプライドが高い。
  • 熊沢理子(役者:石井杏奈)…念願の刑事になれ、やる気は人一倍。

そして、メインキーパーソンとして、1人の男が関わってきます。

  • 神野智明(役者:毎熊克哉)…由香里の夫で医者。由香里とは冷めた関係で、繭美と不倫関係にある。

「彼女たちの犯罪」では、由香里・繭美・理子の3人が協力して1つの犯罪を作り上げます。

それが「1人の女性の失踪事件」だったのです。

そして、その事件を計画した人物は、刑事の熊沢理子(役者:石井杏奈)だったのです。

 

彼女たちの犯罪ネタバレ:海から上がった死体は玉名翠?

海で発見された死体は、由香里本人ではなく、玉名翠だった。

遺体として海から上がった女性は、ストーリーの当初は神野由香里(役者:前田敦子)だと思われていました。

飛び降りたとされる崖の近くには、由香里は履いていたパンプスと、「由香里」と書かれた1通の遺書があったからです。

警察は由香里の自殺だと断定しましたが、じつは、海から上がった女性は由香里ではなかったのです。

では、一体誰だったのでしょうか?

遺体は、玉名翠(役者:さとうほなみ)だったのです。

つまり、玉名翠は第三者によって殺害され、あたかも「由香里」として自殺にさせられた被害者だったのです。

 

彼女たちの犯罪ネタバレ:3人の共通点は神野智明?

3人の女は神野智明に対する利害関係でつながっていた。

主婦の由香里、愛人の繭美、刑事の理子。この3人にはある共通点がありました。

それは、神野智明(役者:毎熊克哉)が手を出した女たちだったのです。

主婦の由香里と愛人の繭美が、神野智明と繋がりがあるのはわかりますが、刑事の理子と智明はどこで知り合っていたのでしょうか?

それは、神野智明が過去にレイプしたA子が理子だったのです。

理子はあの時から、神野智明に復習したい一心で刑事になったのでした。

 

彼女たちの犯罪ネタバレ:3人の女は仲間だった?

由香里・繭美・理子は敵ではなく、計画を実行する仲間だった

神野智明を介した利害関係で結ばれていた由香里・繭美・理子は、3人が幸せになる計画を考えました。

  • 妻の由香里は、智明とできるだけ有利な条件で離婚したい。
  • 愛人の繭美は、智明と結婚して、医者の妻という地位を手に入れたい。
  • 被害者の理子は、今でも智明のことを憎んでいて罪を償わせたい。

これを解決するために「1人の女性の失踪事件」を計画したのです。

つまり、智明を追い込むことで、不倫を原因に離婚という自由を由香里に与え、由香里の殺害容疑という罪を理子によって被せられ、独り身になった智明を繭美がもらうという、三方良しの計画だったのです。

 

彼女たちの犯罪ネタバレ:なぜ玉名翠は殺された?

玉名翠に「計画」を知られてしまったから。

当初、由香里・繭美・理子の3人の計画には、玉名翠(役者:さとうほなみ)を殺す計画はありませんでした。

しかし、神野智明の幼馴染みであり大学時代の恋人である玉名翠に、神野智明を陥れる計画を聞かれてしまったため、殺人を追加する内容に変更になりました。

3人が幸せになる計画を実行するために、計画を知ってしまった玉名翠の存在が邪魔になったのです。

玉名翠は、両親や恋人はいなく人付き合いが苦手で、一年の半分以上は海外で暮らしていました。

そこで計画の首謀者である理子(役者:石井杏奈)は、彼女が急に姿を消したとしても、彼女を捜す人間はいないのではないかと考えたのです。

それに、玉名翠(役者:さとうほなみ)は子宮頚がんを患い、子どもを産めない体になったことで自殺願望がありました。

玉名翠を殺害して計画に利用する企画をしたのは、刑事の熊沢理子(役者:石井杏奈)と、智明の妻の神野由香里(役者:前田敦子)でした。

ちなみに、日村繭美(役者:深川麻衣)だけは、玉名翠が殺される計画までは知りませんでした。

 

彼女たちの犯罪の結末は原作と違う?最終回を考察

上記のネタバレをまとめると、以下のことがわかりましたね。

由香里、繭美、理子。妻・愛人・被害者という関係性の彼女たちは、神野智明を介した利害関係で結ばれていたこと。

それではドラマ「彼女たちの犯罪」の結末はどうなるのでしょうか?

原作小説との結末の違いも考察したいと思います。

彼女たちの犯罪|結末は?

女3人がハッピーになる方法として計画された「由香里の失踪事件」を無事に完遂した。

世間には自殺したと思わせ、この世から名が消えたことで自由になった由香里。

妻がいなくなったことで神野智明と結婚が可能になった繭美。

由香里の殺害容疑で逮捕し、罪を償わせることができた理子。

見事、計画を完遂し、誰にも邪魔されずに3人の女は目的を果たすことができたのでした。

 

彼女たちの犯罪|結末は原作と違う?最終回を予想

予想では、最終回結末は、原作通りだと思われる。

というのも、これは3人の神野智明に対する深くてドロドロした感情が関わっているので、誰かひとりでも展開を変えてしまうと、まったく違うストーリーになってしまうと思われるからです。

つまり、幸せになるための計画は、由香里・繭美・理子が複雑に絡み、「由香里の失踪事件」を計画したのは熊沢理子という結論は変わらないと思います。

 

3人がどう繋がっていくのかが見どころの「彼女たちの犯罪」。

ドラマを見逃してしまったり、前回の内容を忘れてしまって「どういうこと??」となることないですか?

サスペンス好きなのに、見ていて理解できなかったらめちゃくちゃモヤモヤしますよね。

そんなときは、原作小説を読むことをオススメします!

DMMブックスでは、90%OFFクーポンを利用すればたったの85円で原作小説を読むことができるのでオススメです。

ドラマでは回収しきれなかった、彼女たちの最大の謎や、時系列の謎などが分かるほか、

小説の後半は、謎解きのように全てが線でつながって明らかになる爽快感はたまりませんでした。

345ページあって読み切れるかな?と心配だったんですが、展開が本当に気持ちイイくらいよくて、1日ほどでスラスラ読めました。

ドラマを深堀りしたい人ドラマには内容以上を知りたい人は、ぜひ小説を読んでみてください。

ただし、この90%OFFクーポンはいつ終了してしまうのか分からないので、配布している今のうちに買ってくださいね!

原作小説100円以下で読めるチャンス!/

DMMブックス

※クリックできない場合はクーポン終了しています

 

彼女たちの犯罪ネタバレ最終回!まとめ

今回は「彼女たちの犯罪最終回ネタバレ最終回!原作結末は石井杏奈が黒幕?」でお届けしました。

ドラマ「彼女たちの犯罪」の原作は小説なので、小説を参考にネタバレしました。

刑事である理子が、計画の首謀者だったことは面白いオチでしたね。

何回もどんでん返しが起こり、そして最後には点と点が一つの線となって結びついてすべての謎が解けたとき、「そういうことか!」とドラマを見た人も、たまらない感覚を味わうことと思います。

そして、じつは原作小説では、物語の結末は「読者に想像させる」余韻を残す終わり方をしているのも特徴。

ドラマの最終回はどういう終わり方をみせてくれるのでしょうか?

もしかしたら原作小説とは違う最終回なのかもしれませんね!

気になった人は、ぜひドラマも小説も見てみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2歳・0歳の子育てに奮闘する30代ママ。スキマ時間のテレビ鑑賞やマンガが大好き。
日々の暮らしで注目した情報から、皆さんのお役に少しでも立てたらいいなと思いながら書いている雑記ブログです。

コメント

コメントする

目次