となりのナースエイド最終回ネタバレ!原作結末は謎のまま?黒幕は誰か予想!

【PR】当ページのリンクには広告が含まれています。
となりのナースエイド最終回ネタバレ!原作結末は謎のまま?黒幕は誰か予想!

2024年1月から始まった今話題のドラマ「となりのナースエイド」。

ナースエイド(看護助手)の桜庭澪が、外科医の竜崎大河と過去の事件の真相に迫っていく医療ミステリードラマです。

筆者

11月の原作発売から即ドラマ化したことで話題になりましたね。

ミステリー作家・知念実希人が書いた「となりのナースエイド」の結末はどうなるのでしょうか?

そこでこの記事では、原作小説を参考に「となりのナースエイド」最終回ネタバレ・結末予想をまとめました。

原作が気になった方は、DMMブックスで今なら90%OFF!わずか88円で読むことができるのでオススメです。

90%OFFクーポン配布中!

\今なら原作小説が880円→88円!/

登録不要で第一章が読める!

目次

となりのナースエイド最終回ネタバレ!原作結末は謎のまま?

ここでは「となりのナースエイド」結末がどうなるのか、原作小説を参考に4つのネタバレ総まとめをご紹介します。

「となりのナースエイド」結末総まとめ!
①桜庭澪の正体
②姉・唯の事件の真相
③竜崎大河の正体
④火神教授とオームスについて

⑤原作が残したナゾ

※以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

最終回ネタバレ①桜庭澪の正体と過去

ナースエイドは看護助手のことであり、働くのに資格は必要ありません。

桜庭澪は自称「医療オタク」をうたっていますが、オタクの範囲を超えるほど医療用語人体の構造について知っており、明らかにナースエイドらしくありません。

彼女の本当の正体は、外科医だったのです。

一体なぜ、医者ではなくナースエイドとして働いているのか‥

それには姉の命を救えなかったトラウマから、一切の医療行為ができなくなったからでした。

姉の担当医師をしていた澪は、一番身近で親身にサポートしていました。

しかし姉の気持ちの変化に気付けず‥、姉は病院の屋上から転落死してしまいました。

唯の命を救うことができなかった自分の無力さから医師としての自信を失ってしまったのでした。 

さらに、転落死した姉の姿をみた澪はPTSDになってしまい、血をみると死んだ姉の姿がフラッシュバック

メスなどの医療道具さえ持つこともできなくなったのです。

筆者

だから医療行為をしなくていいナースエイドとして働いていたんですね。

最終回ネタバレ②姉・唯の事件の真相

桜庭澪には姉の唯がいました。

唯は‥

  • 不治の病シムネスにかかっていた
  • 入院中に病院の屋上から転落死していた

唯は、はじめはシムネス病のせいで生きる気力を失って自殺したものだと思われていましたが‥

実は他殺(誰かに屋上から突き落とされた)だったのです。

そして、唯を殺した犯人は‥

火神教授だったのです!

驚きですよね。火神教授は、火神細胞を発案した人で、医療にただいなる貢献をしている偉い人ですから。

一体なぜ唯を殺したかというと‥

唯に火神教授のスキャンダルを握られてしまったから!

火神教授にはある「墓場まで持っていくと決めた真実」を隠していました。

それをジャーナリストだった唯がリークして、病院の屋上で火神教授を問いただしてしまったのです。

焦ってパニックになってしまった火神教授は、唯ともみ合いになってしまい‥唯を屋上から突き落としてしまったのです。

筆者

火神教授に殺意はなかったようですけど‥

最終回ネタバレ③竜崎大河の正体と過去

竜崎大河は、オペの技術が日本トップクラスの超エリート外科医です。

竜崎大河が医者になった理由は、母の死金儲けをするためでした。

竜崎大河は、中学一年生のときに母親を子宮頸がんで亡くしていました。

しかも、子宮頸がんのオペを受けたとき、ずさんな執刀医のせいで母親は早くに命を落とされてしまったのです。

技術のない医者は患者を殺す」ことを知った大河は、どこまでも技術を求め、患者の命を救う医師を目指したのでした。

筆者

部屋の中でも常に手術現場をイメージしてトレーニングするストイックさは、母の死がきっかけだったのですね。

そしてなぜ、大河は金を稼ごうと必死になっているかというと‥

竜崎大河が母親の死後、成人するまで過ごした児童養護施設に寄付するためでした。

施設は大河にとって、医者を志した自分を全力でサポートしてくれた恩があり、

そこにいる子供たちは家族同然の存在です。

お金がない理由で勉強や夢を諦めてほしくないと、子供たちが輝けるように施設に寄付するために金儲けをしているのでした。

筆者

顔も中身もイケメンすぎる‥!でも金儲けのためなら裏社会の人とも関わってしまうところが危ないですね。

最終回ネタバレ④火神教授とオームスについて

星嶺大学医学部付属病院の外科医トップの火神教授は、火神細胞を作った超偉い人です。

火神教授の夢は『オームスを完成させること』ですが、なぜそんなに必死なのというと‥

火神教授はシムネスにかかっていたからです。

シムネスは不治の病で、オームスはシムネスに打ち勝つための治療方法になるのですが、まだ研究段階で完成していません。

しかも、火神教授の余命はもう長くありません

生きている間に夢を叶えさせ、自分の命もシムネスで苦しんでいる人たちも救いたいと必死になっているのです。

そして澪を自分のいる病院に配属させた理由は‥

澪がオームスを扱える唯一の存在だったからです。

全部、火神教授の思惑通りだったのですね。

そして、火神教授にはある真実を隠しています。

筆者

その真実が何かは原作では明かされていません!

最終回ネタバレ⑤原作結末が謎のまま終わっている

そしてなぜタイトルが「原作結末が謎のまま?」と題しているかというと‥

11月24日に発売されたばかりの原作小説「となりのナースエイド」ですが、実は結末はモヤモヤしたままで終わっているのです。

原作小説の結末で謎のままなのは以下の3点。

  • 火神教授が握る真実が明らかになっていない
  • オームスの完成と奇病シムネスの解明はどうなるのか
  • 竜崎と澪の関係性はどうなるのか

桜庭澪が姉・唯の事件の真相をたどるうちに、唯と火神教授だけが知っている本当の真実にたどり着くのですが、原作では明らかにならずに終わっているのです。

筆者

これは次巻続編もあると考えられますね。

ドラマの最終回がどのような展開で終わるのか分かりませんが、

もしかするとシーズン2があるのかもしれません。

ストーリーが気になった方は、ぜひ原作小説を読んでみてくださいね!

DMMブックスだと今なら90%OFF!わずか88円で読むことができるのでオススメです。

筆者

スピード感ある展開なので、1日でスラスラ読むことができますよ。

90%OFFクーポン配布中!

\今なら原作小説が880円→88円!/

登録不要で第一章が読める!

となりのナースエイド最終回結末を考察!最後の展開を予想

ドラマは、原作と違うオリジナル展開の可能性もあると予想しています。

ドラマの最終回結末はどのような展開になるのでしょうか?

作中のいくつかのナゾも含めて、以下よりドラマ結末予想をしてみました。

最終回の結末予想①桜庭澪はナースエイドを辞める?

澪はナースエイドと別の道を歩むと予想!

桜庭澪には外科医という隠された正体がありました。

トラウマのせいでナースエイドとして生きることを決意し、患者さんの心に寄り添うことに徹してきましたが、

澪の性格は、

  • 患者さんを救いたいという正義感が強すぎる
  • ナースエイドの仕事を大きくはみ出す行動

やっていることが、どうしてもナースエイドという仕事枠には納まらないんですよね。。

なので、ドラマの結末はナースエイドとは違った立場で患者さんをサポートするのではないかと思われます。

 

最終回の結末予想②桜庭澪は竜崎大河と付き合う?

ラブコメ要素も多い?竜崎と澪は付き合うと予想!

澪にとって悲惨な事件だった姉の死亡事件。

その事件の解決に、星嶺大学医学部付属病院でNo.2外科医である竜崎大河がキーマンになると予想しています。

竜崎先生は、澪が住んでいるアパートの隣の住人です。

第一印象はあまり良くありませんでしたが、ぶつかりながらも事件の真相を一緒に協力してくれる良きパートナーになってくれるのではないでしょうか?

竜崎先生も、澪の患者に寄り添う優しさを側でみて、だんだん恋愛感情で守ってあげたい存在になるのかもしれませんね!

 

最終回の結末予想③奇病シムネスは人工的につくられた病気?

シムネスを作った黒幕は火神教授?

原作小説では、奇病シムネスの研究は解明されないまま終わっています

十年前に突然現れたシムネス(=全身性多発性悪性新生物症候群)は、全身にガンが同時多発する病気で5年後の生存率は0%という不治の病です。

原作小説では、姉の唯もシムネスにかかっており、秘密をにぎる火神教授も発症しています。

シムネスは突然世の中に現れたということで、人工的につくられたウィルスの可能性が高いでしょう。

その黒幕は、火神教授が火神細胞を作る段階で、シムネスウィルスを誤って生み出してしまった可能性が高いと予想します。

そしてそのことは亡くなった澪の姉・唯が唯一知っているのではないでしょうか。

 

最終回の結末予想④黒幕は病院関係者or患者として澪に近づく?

黒幕は澪にとって身近な人物になって近づくと予想!

原作では、唯が澪に伝えなかった真実火神教授が必死になって隠そうとした真実のナゾは明らかにされていません。

しかし唯も火神教授も、真実が暴かれる前に亡くなってしまいました。

このままだと未解決で物語が終わってしまうので、そこで、真実を知っている者が他にもいると予想します。

黒幕はシムネス研究に関係のある人物だと予想していますが、

これまでに事件に関わった人たちは、意外と澪の周りにいたことがわかっています。

真実をあばこうとする澪を阻止するために、黒幕は病院関係者や患者として澪に最接近。あらたな事件の幕開け(続編)になる予感がします!

 

となりのナースエイド最終回までのネタバレ!(ドラマ話数ごと)

ここでは、ドラマ1話ごとにネタバレしていきます。

第1話あらすじ・ネタバレ

第1話あらすじ

自称医療オタクの桜庭澪(川栄李奈)は、星嶺医科大学付属病院の統合外科でナースエイドとして働きます。

しかし患者の訴えをないがしろにできない彼女は、エースNo.1外科医である竜崎大河(高杉真宙)や医師の猿田(小手伸也)、看護師の中山(織田梨沙)にも食ってかかります。

竜崎のオペ中にも乱入する破天荒な彼女ですが、患者の声を大事にするナースエイドの仕事ぶりにやりがいを感じ始めます。

一方、竜崎はやたら医療に詳しい澪に「お前何者なんだ?」と問いました。すると澪は「私は人殺しです」と答え…。

第1話ネタバレはこちら!

澪の真の正体は外科医です。

「人殺しです」と答えたわけは、医者として姉の唯の命を救えなかった過去があったので「人殺し」という言い回しをしています。

決して人を殺めたわけではありません。

第2話あらすじ・ネタバレ

第2話あらすじ

澪(川栄李奈)は、オペ室乱入の一件で病院中から厄介者扱い。おまけに根も葉もないウワサまで流されてしまいます。

そんな中、入院中の人気インフルエンサー・高梨萌(恒松祐里)が突然手術を拒否しました。

執刀医の大河(高杉真宙)の説得にも応じず、澪も萌の説得に当たるですが…。萌が手術を嫌がるワケは一体何なのでしょうか?

第2話ネタバレはこちら!

萌が手術を嫌がっていたワケは、映画出演が決まっていたからでした。

撮影で際どいシーンがあるため、絶対にお腹に手術の傷をつけたくなかったのです。

それを聞いた澪は、竜崎に開腹術からロボットを使った傷跡数cmのオペを提案しました。

竜崎は澪に過去に起きたことを話してもらうのを条件に提案を受け入れ、萌に傷跡を絶対に残さないと約束。

「絶対」という言葉に安心した萌は、竜崎のオペを受けることにしました。

第3話あらすじ・ネタバレ

第3話あらすじ

「姉(成海璃子)は…シムネスだったんです」と竜崎に告げる澪。さらに、元々は外科医で、姉の担当医者であったことも。

澪は優秀な外科医だったため、教授の火神(古田新太)からスカウトされるほどでした。

しかし唯がシムネスという全身に悪性腫瘍ができる病を発症したため、火神のスカウト辞退を申し出ました。

竜崎に過去のことを告白した矢先、澪の部屋は“空き巣”事件に巻き込まれ、大河の部屋で一夜を明かすことに!?

さらに、相馬(矢本悠馬)の親友・内藤雄二(戸塚純貴)が、前触れなく突如人格が豹変してしまう“謎の病”に襲われ始めます。

第3話ネタバレはこちら!

空き巣の犯人が狙っていたのは、澪のノートパソコンでした。

犯人は澪がある情報を探すために澪のノートパソコンを盗んだのです。

しかし、その他にも部屋は荒らされていたことから、どうやらパソコン以外の何かも探そうとしたわけです。

犯人が捜している情報は何だったのでしょうか。実は澪自身も分かっていない情報でした。

そして、内藤が突然人格が豹変してしまうのはシムネスだったからでした。

内藤はまだ元カノの伊織(浅川梨奈)に未練があり、彼女と復縁し一緒に最期を過ごすために、1年の延命術を決意しました。

第4話あらすじ・ネタバレ

第4話あらすじ

澪の部屋が空き巣にあったことで駆け付けた刑事の橘信也(上杉柊平)は、姉・唯(成海璃子)の恋人でした。

その橘から、唯は自殺ではなく他殺の可能性が高いことを聞かされます。

生前ジャーナリストだった唯は、裏組織・半グレ集団のリーダー辰巳浩二(やべきょうすけ)のことを追っていたことを橘は知っていました。

辰巳が唯を直接殺した犯人だと疑っている橘に、他殺と聞いて動揺する澪。

そんな中、火神教授(古田新太)の1人娘・医師の玲香(瀧本美織)がアメリカ留学から帰国してきました。

玲香は澪と竜崎の関係を疑い始めます…。

第4話ネタバレはこちら!

玲香が澪に興味をもったのは、澪と竜崎の仲が良い(?)からです。

玲香は昔から竜崎のことが好きで、留学前に大声で告白をしたのですがフラれている過去があります。

澪が「辰巳浩二」という新たな登場人物の手がかりを探しているうちに、唯の残したパソコンに辰巳浩二の居場所が書かれた住所が残っていました。

そのアジトに澪が向かうと、なんとそこには竜崎大河の姿がありました。

辰巳と竜崎の関係は一体‥!

第5話あらすじ・ネタバレ

第5話あらすじ

辰巳浩二(やべきょうすけ)のいるアジトに竜崎がいたことで動揺する澪。

一方、火神教授(古田新太)は独自開発したオペレーションシステム「オームス」の実用に苦戦しています。

竜崎が良からぬ人間と関りがあるという悪い噂は火神教授にも届いてしまい、目をつけられる竜崎。

怪しんだ澪は、竜崎の跡を尾行する決心をします。

第5話ネタバレはこちら!

オームスはシムネスに打ち勝つために必要な医療機器。

しかし、オームスは竜崎大河ですら15分間しか操作できず、精神崩壊の恐れもある危険なシステムです。

また、竜崎は辰巳の執刀医でした。

辰巳には2歳になる娘がいて先天性胆道閉塞症で入院しており、そのオペを竜崎が昔お世話になった先輩医師が失敗してしまったのです‥。

娘の命を救うには、肝臓移植しかありません。そのドナーは父親の辰巳でした。

辰巳からの恨みが怖い先輩医者は、竜崎に5,000万円という報酬をあげるかわりに、難易度の高い肝臓移植の執刀をお願いしたのでした。

命の危険を感じながらも、竜崎とサポートに回った澪は無事に手術を成功させます。

しかし、辰巳は唯を直接殺した人物ではなかったのでした。

第6話あらすじ・ネタバレ

第6話あらすじ

辰巳が姉・唯(成海璃子)の死とは無関係だったことが判明した澪は、やはり自殺だったのか‥と落ち込みます。

すると、唯が残したノートパソコンに、竜崎大河に関する資料が大量に残されていて…。

竜崎大河が姉を殺した犯人!?

一方、澪のいる統合外科病棟に、ナースエイドの同僚・晴美(水野美紀)の一人息子・照希(兵頭功海)が入院してきました。

星嶺医大に通う照希は、晴美に相談も無く退学届を提出しており、慌てた晴美は澪に理由を聞くようお願いするのですが‥。

第6話ネタバレはこちら!

唯が残したノートパソコンには竜崎大河だけでなく玲香や火神教授など、つまり星嶺医科大学付属病院に関する情報がたくさんあり、竜崎大河だけを調べていたのではありませんでした。

それに、竜崎大河は姉を殺していないと断言。

実は、姉・唯が調べていたのは星嶺医科大学付属病院にいる火神教授だったのです。

一方、入院してきた晴美の息子・照希の病名は海綿状血管腫でした。

そのオペを無事に終えた竜崎と澪。

2人が麻酔から覚醒する照希を待っている中、脳が電気刺激を受けたことで、照希がこれまでに無意識に聞いていた会話を喋り始めました

そこには晴美が「澪を監視すればいいんですね」と誰かとやりとりしている内容が!?

一体晴美は何者?唯を殺した犯人の仲間?!

第7話あらすじ・ネタバレ

第7話あらすじ

「桜庭澪を監視すればいいんですね」晴美が唯を殺した犯人に近い人物だったー?

桜庭澪(川栄李奈)は、先輩ナースエイドの晴美(水野美紀)が、誰かに指示されて自分をを監視していたことを知って大きなショックを受けます‥。

晴美に監視を命じたのは一体誰なのでしょうか?そして何のために?

澪は晴美に監視を命じた人物の正体にたどり着き、今まで気付けなかった“衡擊の真実”に直面します…!!

第7話ネタバレはこちら!

放送終了後に更新します。

第8話あらすじ・ネタバレ

放送終了後に更新します。

第9話あらすじ・ネタバレ

放送終了後に更新します。

第10話(最終回)あらすじ・ネタバレ

放送終了後に更新します。

となりのナースエイド原作を読んだSNSの声

面白かった!冒頭から惹きこまれたし、読み進める手が止まらない。どんな風に物語が事件になっていくんだろう?ってワクワクしてたら思いもよらない角度。続編あるよね?

楽しかった!!ナースエイドという仕事知らなかった。患者に寄り添う大切な仕事。終始ハラハラドキドキして読むのはあっという間。ドラマも楽しみだな。

事件の真相は!?竜崎とどうなるのか?!あれって伏線?と終わってもずっと考えてしまう。見事に作者に転がされています。

ドラマはどんな展開・オチにもっていくのか気になる。小説も早く続編が読みたい!

「奥が深い」「面白かった」「続きも読みたい」など、高評価ばかりでした。

原作小説の作家・知念実希人さんは、現役医者のミステリー作家として有名な方です。どんでん返しの連続に終始ハラハラドキドキです。

気になる方は、ぜひ原作小説を読んでみてくださいね!

90%OFFクーポン配布中!

\今なら原作小説が880円→88円!/

登録不要で第一章が読める!

となりのナースエイドを読むならDMMブックスがおすすめ!

となりのナースエイドDMMブックス

『となりのナースエイド』はサスペンスやミステリー好きにはたまらないストーリーです。

もしまだ読んだことのない人は、DMMブックス一番安く買えるのでオススメ!

なぜなら90%OFFクーポンがもらえるからです。

DMMブックス価格
となりのナースエイド880円88円

定価880円する『となりのナースエイド』は、90%クーポンを使えば100円以下で読むことができます!

しかも無料試し読みすることができるので、読んでみてから購入するか考えることもできますよ。

DMMブックスなら
  • 90%OFFクーポン配布中!
    ※割引最大2,000円
    原作小説880円→88円に!
  • 試し読み無料!
  • ポイント最大50%還元!
筆者

DMMブックスは、CMでお馴染みの「DMM.com」が提供する電子書籍サイトです。アニメや映画・ドラマの動画配信などエンタメ事業に強い会社です。

2024年2月現在、90%OFFという破格のクーポンがもらえる電子書籍サイトはDMMブックスのみで、

DMMブックスコミックシーモアebookjapan
クーポン90%OFF70%OFF70%OFF
※割引上限500円
割引後88円264円380円
会員登録無料無料無料

1冊あたりの安さはDMMブックスが一番です!
(※業界大手のコミックシーモア・ebookjapanと比較)

最大2,000円まで割引されるので、他の漫画・小説もあわせて購入することができますよ。

ただし、注意点として、

  1. 初回購入時の1回だけ
  2. 有効期限はクーポン受け取り日から7日間

一度購入したことがある人には適応されないので注意してくださいね!

そして90%OFFクーポンは赤字覚悟なので、いつ配布終了してしまうか分かりません!

ぜひお得クーポンがもらえるうちに「となりのナースエイド」を読んでみてくださいね!

90%OFFクーポン配布中!

\今なら原作小説が880円→88円!/

登録不要で第一章が読める!

筆者

話の展開がスムーズなので、小説が苦手な私でも半日ほどでサクサク読めました!

となりのナースエイド最終回ネタバレまとめ

  • 桜庭澪の正体は看護師or外科医
  • 凄惨な事件とは亡くなった澪の姉のこと
  • 火神教授の夢「オームス」と澪との関係
  • ラブコメ?竜崎大河がキーマン!
  • 奇病シムネスは人工的につくられた病気?
  • 黒幕は病院関係者or患者として接近する?

以上が、「となりのナースエイド」最終回ネタバレ・結末予想でした。

1月がら放送されるドラマは、作者・知念実希人さんと脚本家オークラさん2人で構成されています。

ドラマは原作小説にはない結末である可能性も十分考えられますし、原作小説の続編もどうなるのか気になります!

どんな最終回になるのか楽しみです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2歳・0歳の子育てに奮闘する30代ママ。スキマ時間のテレビ鑑賞やマンガが大好き。
日々の暮らしで注目した情報から、皆さんのお役に少しでも立てたらいいなと思いながら書いている雑記ブログです。

コメント

コメントする

目次