オムツかぶれしない!簡単なたった1つの方法

【PR】当ページのリンクには広告が含まれています。
オムツかぶれしない!簡単なたった1つの方法

こんにちは。2歳と0歳の子育て中のさりママです。
赤ちゃんのオムツかぶれって、気をつけていてもすぐお尻が赤くなって、痒そうだし痛そうだし、可哀想になりますよね。小さい子を連れて皮膚科に軟膏もらいに行くのも一苦労…
今回は、上の子を育てていた時に学んだ「オムツかぶれない方法」についてまとめました。

目次

オムツかぶれしない、簡単な方法とは?

それは、「お湯で洗い流すだけ」
特別な薬や保湿剤、質の高い高級オムツやおしり拭きシート等は必要ありません。

オムツかぶれが出来る原因
  1. オムツ内のムレ…長時間のオムツ着用
  2. お肌phバランスの乱れ…アンモニアやうんちの中にある消化酵素が、皮膚を刺激して炎症がおきる
  3. お尻への摩擦…おしり拭きシートで拭き取る時の摩擦

この①〜③の状態を改善する方法が、オムツ交換するたびに「お湯で洗い流すだけ」なんです。

そりゃ綺麗に洗ってあげたいけど、あげたいけど、、簡単に洗い流しになんか行けないですよね。
お尻が汚れるたびに毎回洋服ぬがせて、フロ場や洗面台に移動して、終わったら着替え直して…というのは面倒ですよね。

そこで、空のペットボトルや霧吹きなどの容器にお湯をいれて、簡易的なボトルで洗浄するのをオススメします。
自由に動けない高齢者を介護しているお家でも、ペットボトルを使ったいわゆる「陰部洗浄ボトル」はよく使われています。

洗浄ボトルの作り方

出典:大崎福祉会HP

お湯で洗い流せば、おしり拭きで何回も拭くという摩擦を抑えられるし、濡れたおしりの仕上げ拭きとして1〜2枚の使用で済みます。「すぐシートが無くなる!」ということがなくなり、コスパも抑えることができます。

洗浄ボトルの問題点

ただし問題なのは、使いたい時に、お湯の準備が面倒なこと!
ボトルにお湯をいれておいても、すぐに冷めてしまうので、オムツ替えのたびに毎回入れ直す必要があるのは面倒ですよね^^;
その面倒を解決してくれる便利アイテムがあったので紹介します。

【あったかいdeシュ!】赤ちゃん本舗

【おしりシュッシュッあひるちゃん】シンセーインターナショナル

メリット
・24時間いつでも温かいお湯を維持できる
・電気代が安い
・ボトル以外にも、哺乳瓶も温められる

デメリット
・専用ボトルがただの霧吹き。スプレーの洗浄力はいまいち。

どちらもお湯を40度に保温維持してくれるので、いつでもお尻にシュッと洗浄することができます。
わざわざお湯の準備に時間をかけなくていいところが魅力的です。専用ボトルもセットになっています。

我が家も上の子の時から【あったかいdeシュ!】を使っており、24h付けっぱなしにしていますが、夜中でも重い腰をあげずにお湯で洗い流してあげれるため、これを使うようになってからは上の子も下の子も1回もオムツかぶれしたことありません

商品説明にはどちらも「消費電力は15Wで、1ヵ月の電気代はおよそ120円」と書かれており、1日あたり4円なので、電気代を気にして何回も電源のON/OFFをしなくても大丈夫そうです。

また、我が家は上の子が完ミでもあったので、作ったミルクの一時保温にも使っていました。
作っている途中や飲んでる途中で赤ちゃんが寝落ちしたときに、起きるまでの数十分温める時に重宝しました。ミルク瓶もすっぽり入るので、わざわざ温め直しに行かなくていいのが良かったです。

新品だと4000円前後の金額ですが、中古でも気にしないならば、メルカリで1000円~1500円ほどで売ってます。

デメリットとしては、付属している専用ボトルの洗浄力がいまいち
ノズルを調整して広範囲に吹きかけられるか、水鉄砲みたいに一直線にシュっと出るか調整はできますが、広範囲だとただの霧吹きで肛門以外にも水がかかってしまい、一直線だと水の勢いでうんちが跳ねる、、^^;

私的には100均で購入した園芸用の水やりボトルが、ほどよい水の量とピンポイント洗浄できるので、専用ボトルより断然使い勝手が良かったです。
←100均に売っている調味料など入れる容器もオススメです。
もちろん手作りのペットボトルでもOK。わりと保温器の口が広めなので、ちゃんと入ります。

とめ
  • オムツ交換のたびに水で洗い流せば、かぶれない
  • 洗浄ボトルはペットボトルで簡単に作れる
  • 洗浄ボトルを24h適温に温めてくれる保温器がある
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2歳・0歳の子育てに奮闘する30代ママ。スキマ時間のテレビ鑑賞やマンガが大好き。
日々の暮らしで注目した情報から、皆さんのお役に少しでも立てたらいいなと思いながら書いている雑記ブログです。

コメント

コメントする

目次