ゼイチョー最終回ネタバレ!原作結末は百目鬼華子は兄と和解する?

【PR】当ページのリンクには広告が含まれています。
ゼイチョー最終回ネタバレ!原作結末は百目鬼華子は兄と和解する?

この記事ではドラマ「ゼイチョー」の最終回ネタバレについて書いています。

2023年10月14日(土)より放送している「ゼイチョー~払えないにはワケがある~」。

菊池風磨さん演じる徴税吏員が、税金滞納者のお金と心により添っていくドラマになっています。

原作は漫画なので、最終回オチはすでにわかっています。

そこで、ドラマ「ゼイチョー最終回ネタバレ!原作結末は百目鬼華子は兄と和解する?」と題してお届けしたいと思います。

ネタバレを含みますので、結末が気になる方のみお読みください。

原作漫画「ゼイチョー!~納税課第三収納係~」は4巻で完結しています。

筆者

読むだけで固定資産税、自動車税、住民税、その他いろいろ税金のことが詳しくなると話題の漫画です。

「ゼイチョ―!」漫画を読むなら、ebookjapanがお得に読めてオススメです!

ebookJapanなら
  • 70%OFFクーポン配布中!
    全巻3,036円→683円に!
  • 今なら1巻無料で読める!
  • 全巻無料試し読みOK
  • PayPayポイントがザクザク貯まる!使える!
  • 80万冊以上の国内最大級ラインナップ

\全巻3,036円683円で読める!/

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

初回登録者は全員70%OFFクーポンもらえる!

目次

ゼイチョー最終回ネタバレ!原作結末は百目鬼華子は兄と和解する?

ドラマ「ゼイチョ―~払えないにはワケがある~」の最終回はどのような展開になるのでしょうか?

原作漫画を参考にネタバレしていきます。

※ネタバレが嫌な方は見ないでください。

ゼイチョー最終回ネタバレ①百目鬼華子の過去

百目鬼華子(役者:山田杏奈)が徴税吏員になったのには理由がありました。

それは、シングルマザーのもとで貧しくて苦しい生活をしていた幼きころの影響です。

母親が税金を滞納したために徴税吏員によって自宅が差し押さえられ、母親は大声を出して抵抗します。

そのとき、一人の徴税吏員が、おびえた幼い華子を優しく外に連れ出してくれました。

このとき華子は、徴税吏員が怖い人ではなく、自分たちを助けようとしてくれていることに感動し、

自身も『納税で困っている人たちの力になりたい』と徴税吏員を目指すことになったのでした。

 

ゼイチョー最終回ネタバレ②相楽副市長との対立

相楽副市長(役者:本郷奏多)は、税の徴収率をあげるために納税強化対策を掲げました。

しかし、華子は「苦しむ人たちが増える」「一人ひとりと向き合いたい」と、真っ向から相楽副市長と対立することに。

しかも相楽副市長は、華子の実の兄

相楽副市長は饗庭蒼一郎(役者:菊池風磨)とも過去に因縁があり、納税をかけた兄妹間の本気のいがみ合いが始まります。

 

ゼイチョー最終回ネタバレ③百目鬼華子と相楽義美の和解

最終的に、華子と兄の相楽副市長は和解します。

和解になったきっかけは、「高額滞納者の武谷」の存在です。

どんな立場でも公平公正を重んじる華子と、武谷の名前が載っている徴収禁止リストを撤廃させたい相楽副市長の行動が合点。

二人は、武谷にきちんと納税させるという目的を果たすことができたことで和解しました。

 

ゼイチョーの結末は原作と違う?最終回を考察

ドラマ「ゼイチョー~払えないにはワケがある~」の結末は、原作漫画と違うのでないかといわれています。

その理由を調査しました。

ゼイチョーの原作結末は?

ゼイチョ―の原作漫画の結末は、対立しあっていた兄の相楽副市長と無事に和解。徴税吏員として現場で働き続けるというオチで終わっています。

しかし、原作漫画は、百目鬼華子が主人公。ドラマは饗庭蒼一郎が主人公になっているんです。

漫画とドラマで主人公が違うということで、ドラマの結末は原作と違ってくると予想します。

 

ゼイチョーの結末予想!饗庭蒼一郎の過去が明らかになる?

では、ドラマの結末はどうなるのでしょうか?

饗庭蒼一郎が主人公になるので、饗庭蒼一郎の過去が詳しくストーリーに盛り込まれると予想します。

饗庭蒼一郎は、元財務省の官僚という過去がありますが、財務省を辞めて徴税吏員になったのにはある理由がありました。

一体なぜ、財務省を辞めて徴税吏員になったでしょうか?

また、饗庭蒼一郎の性格は、基本的にいつも笑顔でチャラい脱力系ですが、そうなった原因も過去にあると予想しています!

アニメになはかった饗庭蒼一郎の過去を、ドラマでは深ーく明らかにしていくと思うので楽しみですね。

 

ゼイチョ―を全巻読むにはebookJapanがおすすめ!

原作漫画「ゼイチョ―」は全4巻で完結しています。

原作漫画の主人公は百目鬼華子なので、ドラマとは少し違った視点や展開を楽しめることができます。

読んでみたいけど、お金はかけたくない。。

全巻読むってなると高くついちゃうから、なるべく安いところで読みたいですよね。

私も気になっていた漫画だったので、一番お得に読む方法をとことん調べました。

そして、最安値で全巻読めるのはebookjapanだと判明!

70%OFFクーポンがもらえるからです。

通常購入(1~4巻)3,036円
70%OFFキャンペーン購入683円

たとえば、原作漫画をまとめ買いした場合、クーポンを使えば2,353円引きになります!
しかも今なら1巻無料で読めて、全巻無料で試し読みすることができます!

ebookJapanなら
  • 70%OFFクーポン配布中!
    全巻3,036円→683円に!
  • 今なら1巻無料!
  • 全巻無料試し読みOK
  • PayPayポイントがザクザク貯まる!使える!
  • 80万冊以上の国内最大級ラインナップ
筆者

ebookjapanはYahoo!の電子書籍サービスで、スマホ1つでいつでもどこでも漫画をオフラインで読めることができます。

70%OFFクーポンは、

  • 全巻購入したい場合
  • 1冊だけ購入したい場合
  • 他の漫画と合わせて購入したい場合

いろんな買い方で使え、しかも6枚ももらえます。

単行本1冊あたりの金額で、全4巻読めるのは大変お得ですよね‥!

しかも、クーポンの有効期限は60日間と業界最長!一度もらってしまえば、すぐに使わなくても大丈夫です。

ぜひお得クーポンがもらえるうちに「ゼイチョ―」を読んでみてくださいね!

\全巻3,036円683円で読める!/

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

初回登録者は全員70%OFFクーポンもらえる!

 

ゼイチョー最終回ネタバレ!原作結末は百目鬼華子は兄と和解する?まとめ

「ゼイチョー最終回ネタバレ!原作結末は百目鬼華子は兄と和解する?」についてお届けしました。

原作漫画の最終回ネタバレは、百目鬼華子と兄は和解し、華子は徴税吏員として精進していくという展開でした。

しかし、ドラマは百目鬼華子が主人公ではなく、華子の職場先輩である饗庭蒼一郎が主人公になっています。

そのため、ドラマは漫画のような最終回ではない可能性が高いです。

漫画の結末とは違うドラマは、どんな結末になるのでしょうか。毎週の放送が楽しみです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

\全巻3,036円683円で読める!/

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

初回登録者は全員70%OFFクーポンもらえる!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2歳・0歳の子育てに奮闘する30代ママ。スキマ時間のテレビ鑑賞やマンガが大好き。
日々の暮らしで注目した情報から、皆さんのお役に少しでも立てたらいいなと思いながら書いている雑記ブログです。

コメント

コメントする

目次